2014年10月06日 - 中央区の税理士による起業開業を応援するブログ
FC2ブログ

自己アピール

事業を始めたばかりの時は、とにかく目立つことが重要です。

看板を出したり、自ら営業を行うことによって、とにかく自分とその商品、サービスをアピールして知ってもらうことから商売が始まります。

もちろん、商品やサービスの良さは必要ですが、先ずは自分という人間を売ることが第一歩です。

商売は信用で成り立っていますので、どこの誰とも解らない人と取引をする人はいません。

ですので、自分の出身地や経歴、得意としていることなどアピールすることが重要となってきます。

そこで、気に入ってもらうことができて初めて、商品やサービスを売り込むことができるのではないでしょうか。

しかし、自己アピールの難しいところは、自分で自分のことを「いい人間です」とわかってもらうことです。

自分のことをよく言っても単に気持ち悪い人になってしまいます。

なので、事実として有用な資格を持っている方はそこをさりげなくPRしたり、そうでない方は一緒に飲みに行ったりして話をすることによって自分という人間をわかってもらう。というのように、直接的にではなく自分の行動や事実だけを見てもらい判断してもらうしかありません。

私も含めて日本人は自己表現が不得意ではありますが、事業を始めた以上は恥ずかしさを捨てて積極的に自己アピールをすべきではないでしょうか。
三田潤一税理士事務所

スポンサーサイト