2014年10月09日 - 中央区の税理士による起業開業を応援するブログ
FC2ブログ

自分との闘い

経営者は基本的に孤独です。自分の行動は自分で決めて、その結果、責任も自分で負うことになります。

もちろん、相談する方はおられるかも知れませんが、最後に選択して決断するのは経営者本人になります。

そのため、経営者の方は常に自分との闘いを強いられていると私は思います。

その行動の結果が経営状態に強く反映するため、常に事業のことを考え、今何をすべきかを判断し行動に移していかなければならないのです。

そのようなことを実行するためには、まず自分との闘いに勝つことが必要です。

人間は基本的に弱い心を持っているので、つらい仕事を避けたり、新しいことにチャレンジするのを怖がったりすることがあります。

しかし、そのような弱い心に勝つことでビジネスチャンスは生まれてくるものです。

簡単な事のようですが、これを常に続けることはかなり難しいのではないでしょうか。

私の場合は気持ちを強く持つために架空のライバルを作っています。

だらけてしまったり、落ち込んだ時にはこの架空のライバルを思い浮かべて、「こんなことをしている間にも、彼は顧客獲得のために行動していたり勉強をしていたりしているはずだ。」と考えます。

そうすると、「負けてたまるか」という気持ちから不思議とやる気がでてきます。

スポーツでも勉強でもそうですが、先ずは自分との闘いに勝つ事が重要で、他人との競争はそのあとに考えても遅くは有りません。
三田潤一税理士事務所

スポンサーサイト