2014年10月26日 - 中央区の税理士による起業開業を応援するブログ
FC2ブログ

顧客リストを作る

お客様の情報は、事業者にとって何にも代えがたい有効な営業ツールです。

一度、商品やサービスを利用したことのあるお客様ならば、その満足度によっては、また利用して頂ける可能性を高くすることができます。

そのためには、お客様とのコミュニケーションの中で得た情報を整理して、顧客リストを作ることが重要です。

家族構成や好み、性格など些細なことから、どのような問題を抱えているか、どのような商品、サービスを欲しているのかビジネスに直接関係することまで、なんでも記載しておくと、より有効な顧客リストができます。

この情報をもとに、作ったDMやメルマガなどの広告は、そのお客様だけのものであり特別なメッセージを持たせることができます。

お客様は、その他大勢の扱いをされるよりも、特別な扱いをされることを望んでいるものです。

しかも、そのニーズを的確にとらえた商品やサービスであれば、DMやメルマガといえども問い合わせを頂ける確率はかなり高くなるのではないでしょうか。

有効な顧客リストを作るのは、現場に出てお客様の生の声を聴くことのできる人です。

いくら、100人分の住所や電話番号だけの顧客リストをお金で手に入れても、現場の担当者が作った10人の顧客リストには、かなわないでしょう。

三田潤一税理士事務所
スポンサーサイト



テーマ:がんばるあなたを応援します! - ジャンル:ビジネス