2014年11月27日 - 中央区の税理士による起業開業を応援するブログ
FC2ブログ

ルールを知ること

世の中のスポーツやゲームには明確なルールが存在します。このルールの範囲の中で行われるスポーツやゲームだからこそ、観戦していて楽しく、また自分が参加してやりがいのあるものだと思います。

ビジネスもまた法律という一定のルールの下に行われなければなりません。

しかし、ビジネスは多種多様で、常に新しい形態が生み出されていくものです。そのため、全てを明確なルールで規制することは不可能です。

税金に関する法律を一つ例に挙げても、「時価で評価する」という文が時々出てきます。売買目的有価証券や金、銀といった金融商品ならば、取引市場が存在しますのでわかりますが、土地やその他の資産の時価というのは明確なものはありません。

そのため、自分の都合のいいような解釈を行うこともできるのです。

このように、明確でないルールの下に行われるビジネスという世界はスポーツやゲームのように必ずしも強い者が勝つ世界ではないような気がします。より情報を集めたものや、法律というルールに精通しているものが有利にゲームを進めることができます。

法律に精通することは、有名になったり、事業の規模が大きくなったりするほど重要性を増してきます。なぜなら、ルールを取り仕切る税務署や警察などは社会的な影響を重視するためです。

つまり、有名で大きな企業を取り締まることによって、その他の会社の不正を抑制する効果を見込んでいるのです。

もちろん、小さな会社の不正が見逃されるわけではありませんが、事業を拡大する際には必ず専門家の意見を取り入れていったほうがいいでしょう。

会社が小さいときには何とかなってしまったものが、看過されないことはよくあることです。

できれば、事業規模の小さいうちから法律に対する意識を高めて、思わぬところで足をすくわれないように勉強していく事をおすすめします。

中央区の税理士
三田潤一税理士事務所HPへ

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
クリックで応援よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト