2015年07月13日 - 中央区の税理士による起業開業を応援するブログ
FC2ブログ

情報取得手段の変化

20年ほど前までは、情報の発信元といえば、新聞、テレビ、雑誌などが当たり前でしたが、パソコンや携帯電話、さらにはスマートフォン、タブレット端末などのスマートデバイスの普及によって、インターネットから社会に流通する情報量が飛躍的に増加しました。

また、新聞やテレビ、雑誌などでは得られない情報が得られるということで、個人の発信する情報も活用されるようになりました。それも、普通の生活者が気軽に自分の意見や情報などをできるインターネットという場ができたからであります。

そのインターネット上で情報を発信する場も様々で、ブログをはじめとして、ホームページやFacebook、 mixi 、TwitterなどのSNSが現在利用されています。

特にSNSは今もっとも注目されている情報発信の手段です。かつてはテレビ、新聞などからの情報だけを真実としてきた情報受信者がそれらの情報を懐疑的な目で見るようになったということもあり、信頼できる友達からの情報を選択するということもでてきました。

情報発信者となった一般市民がお互いに情報を発信、受信することによって新聞やテレビからは得ることができなかった情報をお互いに共有することができるようになったのです。

しかし、一方でインターネット上の情報というのは慎重に受信する必要があります。インターネット上の掲示板などには、明らかに嘘や扇動、他人をおとしめるような書き込みがあったりもします。

インターネットの普及によって情報量が増えた分、社会的なリスクも同様に増加したと言ってもいいでしょう。

これからの社会は情報の選別の時代です。いかに良い情報を発信し、また受信することを考えることによってビジネスを発展させていくことができると思います。

中央区の税理士
三田潤一税理士事務所HPへ

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト