延滞税と利子税 - 中央区の税理士による起業開業を応援するブログ
FC2ブログ

延滞税と利子税

延滞税と利子税は、一般的に混同しがちですが、その意味は全く異なります。

延滞税は、国税を法定納期限までに納付していない場合にその未納額に対して課されるペナルティであります。

利子税は、所得税、相続税及び贈与税の延納制度並びに法人税についての申告書の提出期限の延長制度を利用することによって生じた延長期間に対してかかる単なる利息です。

そのため、両者の利率は大きく異なります。

延滞税 14.6%(納期限の翌日から2月を経過する日までの間は7.3%)
利子税 7.3%

延滞税の利率は、一般的な銀行からの融資と比べると、かなりの高利率と言えるのではないでしょうか。

しかも、利子税は所得金額の計算上必要経費または損金の額に算入できますが、延滞税はそれができません。

納税額につきましては、期末までに予測し準備ができるものですから、ご依頼されている税理士とコンタクトを取り納税額が大きくなる場合には、その対策を前もってしておくことが重要です。

中央区の税理士
三田潤一税理士事務所HPへ

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
クリックで応援よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント