労働時間 - 中央区の税理士による起業開業を応援するブログ
FC2ブログ

労働時間

労働時間とは、労働者が使用者に労働を提供し、使用者の指揮命令下にある時間を言います。実際に労働している時間の他、作業の指示待ち時間、外での営業活動時間、仕事上の電話待ち時間なども労働時間に含まれます。

これに対して、休憩時間や私用、組合活動の時間などは労働時間にあたりません。

労働基準法では、この労働時間について1日および1週間の限度を定めています。これを法定労働時間と言います。

法定労働時間は原則として1日で8時間まで、1週間で40時間までとされていて、この時間を超えて勤務させる場合には時間外労働にあたるとして割増賃金を支払わなければなりません。

また、法定労働時間にたいして、会社が定めている労働時間を所定労働時間と言います。所定労働時間は法定労働時間の範囲内でなくてはなりません。

労働時間にルールがあるように休憩時間にも以下のようなルールがあります。

・労働時間が6時間を超える場合には少なくとも45分の休憩を与える事
・労働時間が8時間を超える場合には少なくとも1時間の休憩を与える事
・労働時間の途中に与える事
・一斉に与える事
・休憩時間は従業員の自由にさせること

中央区の税理士
三田潤一税理士事務所HPへ

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
クリックで応援よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント