IT戦略 - 中央区の税理士による起業開業を応援するブログ
FC2ブログ

050plusは使えるか

私は事務所の電話に050plus w-modeというIP電話サービスを使用しています。

事業で使用する電話番号は、一度決めたらその番号で広告宣伝を行ってしまうために、そう簡単には変更できない為、いろいろ考えましたが、コストパフォーマンスを重視して決めました。

具体的なメリットとしては以下の通りです。

・月額基本料が500円(税抜)
・今使っている携帯電話(ガラケー)をそのまま使用できる(転送される)
・一台の電話を仕事とプライベートの両方で利用できる(請求が別々)
・ナンバーディスプレイができる。(固定電話だと別途費用がかかる)
・一人の事務所なので、大事な電話を逃さない

しかしデメリットもあります。

・電話を受ける時にも転送料がかかる(1分16.8円)
・通話料が高い(一般加入電話 1分20円)

これから仕事での電話が増えることを予想するとこの通話料が問題となってくるので、今はスマホに変えての運用を検討しています。

スマホを利用するとアプリをダウンロードすれば、転送料もかかりませんし、通話料も一般加入電話なら3分8円で利用できます。

問題となるのは、スマホの基本料ですが、今はSIMカードのみ契約することでかなりスマホの維持費を節約できるようです。

SIMカードというのは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録されたICカードです。これをプロバイダーなどの提供する格安のネットサービスと契約することによってネットを使えるようにします。

料金は月額1000円未満からあります。

なので、050plusの基本料が300(税抜)とSIM契約の1000円、後は通話料のみで通信費を賄うことができてしまいます。

ただ、通話品質や使い勝手については賛否あるようなので注意が必要かもしれません。

三田潤一税理士事務所

テーマ:がんばるあなたを応援します! - ジャンル:ビジネス

ブログタイトル変更 (旧 成功する簡単起業ガイド)

SEO対策のため、今回よりブログのタイトルと、プロフィールを少し変更させて頂きました。

ブログのソースを確認してわかったのですが、titleタグやmetaタグに対応する所が、ブログのメインタイトルとプロフィールになっていることに気がつきました。

このtitleタグやmetaタグにキーワードを入れることは、SEOにおける内部対策上、非常に重要なものと個人的に思っていまして、実際に一定の成果があるものです。

タイトルを見て頂いてわかるように、私の狙っているキーワードは「中央区 税理士」です。これは、人気キーワードでもあるため一朝一夕には上位にランクされません。

仮にSEO対策の会社に、このキーワードで上位表示を頼むと、だいたい3ヶ月くらいかかり、成功報酬と維持費でかなりの金額を取られるようです。

実際にどの程度成果があるか不明ではありますが、思いついたら直に実行できるのがSEO対策のいいところでもありますので、また何か気づいたことがあれば積極的に試してみたいと思っています。

今まで、見て頂いている方々にはご不便をおかけしますが、ご容赦ください。

今後とも、当ブログをよろしくお願いいたします。
三田潤一税理士事務所

テーマ:がんばるあなたを応援します! - ジャンル:ビジネス

ホームページ作成

ホームページは新規の顧客を得るために、非常に有効な営業ツールです。

営業マンの代わりに24時間、提供する商品やサービスをアピールし、経営者の考え方やプロフィールについてもダイレクトに伝えることができます。

しかし、多くの事業者の方がホームページを作成しないか、これを有効に活用できていないような気がします。

その理由としては以下のようなものが考えられます。

・プロに頼むと料金が高い
・自分で作るにはプログラムやデザインの知識が必要
・ホームページを作ってもその効果は不明
・作ったはいいが、反応が無いのでそのままにしている

ホームページを自分で一から作ろうとすると、ホームページビルダーなどのソフトを利用する方も多いかと思います。私も初めは利用していました。

しかし、実際に作ってみると如何にも素人が趣味で作ったようなホームページしかできずに、自分で作った物であるにも関わらず、全く気に入りませんでした。

そのようなホームページを作っても改良を重ねる気にもなりませんでしたので、何かいい方法はないものか考えたところ、インターネット上のテンプレートを活用する方法に行きつきました。

この方法ですと、無料でビジネス向けのデザインのホームページを作ることができます。しかも、常に自分で改良を重ねることによってオリジナルに近いホームページにすることができ、SEO対策についても、自分なりにいろいろと試すことが可能です。

このような、デザインやSEO対策まで行うホームページをプロに頼むと、おそらく50万以上はかかるのではないでしょうか。更新料を考えると、もっとかもしれません。

テンプレートを利用する方法は、専門知識が無くても誰でもできると思いますが、中身の文章やキャッチフレーズ、画像など自分で考えて選択していかなくてはならないので、多少の根気は必要です。

そのあたりを考慮して、一度試されてみるのもいいかもしれません。
三田潤一税理士事務所



検索キーワード

ホームページを作成する際に考えることとして、デザインや内容の他に先ず考えることとして、検索キーワードがあります。

これは、そのホームページのテーマとも言えるべきもので、先ず始めに考えておくべきでしょう。

その検索キーワードに沿った内容でホームページを作ることによって、検索上位表示を目指すことができます。

税理士業界でも、最近では相続なら相続専門、会社設立ならそのテーマに沿った専門のホームページを立ち上げる方が増えています。

これは、マーケティングの基本であるターゲットを絞る目的もありますが、やはり「税理士 相続」という検索キーワードにおける上位表示を意識したものだと考えられます。

しかし、この検索キーワードを決める際に気を付けていただきたいのが、ビックキーワードを選ばないことです。ビックキーワードとは上記の「税理士 相続」のような全国を対象としたもので、非常に競合の多いキーワードを言います。

このビックキーワードは「GoogleAdWordsキーワードプランナー」を使うとわかりますが月間の検索回数が何万とあるものです。

これを上位表示させるには大きな投資が必要となってきます。

そのため私がお勧めしたいのは、地域を絞ることです。例えば、「世田谷区 相続 税理士」のような極端に地域を絞ることによって上位表示を目指すことは可能です。

もちろんこの場合は事務所が実際に世田谷区にあることが条件になります。整合性がとれないキーワードは逆効果になる可能性もありますので気を付けてください。

事業所の地域性を理解してその地域に合ったターゲット戦略ができれば、検索キーワードもおのずと決まってくると思うので、自分でホームページを作成したいと、お考えの方は実践してみてください。

真のSEO対策

先日、SEO対策の会社の営業の方と面談をさせて頂いたことをここに書きましたが、今回は真のSEO対策ということを考えていきたいと思います。

SEO対策とは、グーグルやヤフーの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫することです。

SEO対策の会社は、webページを上位に表示させるために月5万円ほどの料金でwebページをカスタマイズするサービスを行っています。

しかし、グーグルなどの検索サービスを提供している側からすると、そのようなSEO対策の会社にお金を払っただけのホームページを上位に表示することは、良質な情報を提供することを妨害されるようなものです。

そのため、検索サイト側の対策によって、最近では小手先のSEO対策は通用しなくなってきているそうです。

つまり、良質の情報を提供するwebページを優先的に上位表示するのようになってきているということです。

私もSEO対策を自信のホームページで行ったことはありますが、検索キーワードを厳選するとか、無駄にページを増やすような対策しかしていませんでした。

これからは、検索する側の立場に立ってどのような情報が求められているのかを研究して、有効で正確な情報提供できるホームページを作っていきたいと思います。